警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

奈良の宝石店から1000万円ダイヤ盗難

27日午前3時ごろ、奈良市西大寺栄町の宝石店で警報装置が作動し、警備会社から110番があった。奈良西署員が駆けつけたところ、入り口のガラス扉がたたき割られ、店内の陳列ケースから1千万円以上のダイヤの宝石1個のほか腕時計やかばんなど十数個がなくなっていた。同署は窃盗事件として捜査している。

同署によると、同店入り口のシャッターの鍵もこじ開けられ、警報装置が作動してから署員が駆けつけるまで約7分間だったという。現場は近鉄大和西大寺駅の東約200メートルの県道沿い。

産経新聞 9月27日

ゴルフ場事務所で900万円盗難、電話回線切られ、警報伝わらず―福岡

20日午前6時40分ごろ、福岡県久山町久原のゴルフ場から「事務所の窓が割られ、金庫がこじ開けられている」と110番があった。県警粕屋署員が駆け付けたところ、金庫にあった売上金計約905万円などが盗まれており、同署は窃盗事件として調べている。

同署によると、事務所の出入り口ドアの鍵が開いたままで、窓ガラスが割られており、金庫(幅61センチ、高さ88センチ、奥行き57センチ)の扉がバールのようなものでこじ開けられていた。

事務所の外の電話回線が切られていたため、警備会社に警報が伝わらなかったという。 

時事通信 9月20日

千葉県施設:民間委託の警備業務で労基法抵触か 議会で共産指摘

県が所有し、民間に委託している千葉市中央区の新都市ビルと県立体駐車場の警備業務で、連続30時間超や週120時間以上の勤務が行われている可能性があることが分かった。13日の県議会総務委員会で県議(共産)が明らかにし、労働基準法などに抵触するおそれがあると指摘した。

県議が委員会で公表した両施設の勤務実績表や勤務者の証言によると、報酬は24時間勤務の場合は1万円、日勤(午前8時半〜午後5時半)は5000円という。議員は、県が業務を委託する際に基準とする国土交通省「建築保全業務共通仕様書」の労務単価の条件を下回っているとし、「一連の労働条件は労働基準法や最低賃金法に違反する可能性があり、まともな勤務形態ではない」などと指摘した。

業務を委託した県管財課の課長は「実態を承知していなかった。賃金は労働者と雇用者の自由な取り決めで、具体的単価は把握していない」と答弁。勤務実態の違法性については「監督官庁が判断することだが(指摘の通り)本当に行われたのか、どの法律のどの部分に抵触するのか、業務が適切に行われていたかなどを事情聴取し、把握したい。事実だとしたら大変遺憾だ」とし、今後調査し必要な措置を講じる考えを示した。

業務委託を受けた会社は「この件について分かる者はいないのでお答えできない」としている。

毎日新聞 9月14日

休憩なしで24時間勤務…警備会社を書類送検

法定の休憩時間を与えずに勤務を続けさせたとして、中央労働基準監督署は10日、家庭向け防犯業務などを請け負っている警備会社「全日本ガードシステム」(文京区)と同社常務(66)ら社員5人を、労働基準法違反の疑いで書類送検した。

発表によると、昨年7月〜今年1月の間、24時間勤務の警備員22人に対し、休憩時間を取らせずに同社が用意したアパートなどで待機させた。

読売新聞 9月11日

学校で窃盗、容疑の男追送検 静岡

東海地方の公立高校計73校に忍び込み、現金計200万円や預金通帳などを盗んだとして、焼津署は8日、窃盗や建造物侵入などの疑いで愛知県豊田市、警備員(59)=窃盗未遂罪などで公判中=を静岡地検へ追送検した。
容疑者は「自由になるカネがほしかった」と容疑を認めている。

調べでは、昨年3月26日から今年6月13日までの間、静岡や愛知などの東海4県の公立高校73校にレンチなどで
窓を壊し計87回侵入し、現金などを盗んだ疑いが持たれている。

産経新聞 9月9日

熱中症の労災死33人…前年の4倍

記録的猛暑で、熱中症による労働災害の死者が1日現在33人と、前年同期(8人)の約4倍に上っていることが、厚生労働省のまとめで分かった。労災死者数は全体でも8月7日現在、前年同期比13.0%増の574人に達しており、同省は6日、暑さによる集中力の低下などが事故を招いているとみて、業界団体のトップらに防止対策の徹底を要請した。

熱中症による労災死者は、調査を開始した97年以降、多い時でも20人前後で、今年の記録は過去最多という。
業種別内訳では
建設業13人
製造業5人
運送業2人
警備業2人
農業4人
林業1人
その他6人。

一方、8月7日現在、把握できている全労災死者の内訳は
建設業が前年比6.3%増の187人
製造業が5.5%増の96人
運送業が48.1%増の80人
林業が30.8%増の34人
警備業が63.6%増の18人
といずれも増えている。暑さによる足元のふらつきや集中力の低下、睡眠不足による疲労などが影響しているとみられる。

毎日新聞 9月6日

川崎市役所の警備をしながら盗み働く、容疑で警備員逮捕 川崎

川崎市役所の警備をしながら盗みを働いたとして、川崎署は1日、窃盗の疑いで、東京都世田谷区の元警備員の容疑者(44)を逮捕した。

逮捕容疑は、警備を担当していた5月14日午後5時ごろから同17日午前9時ごろまでのいずれかの間に、同市川崎区宮本町の同市役所第4庁舎3階事務室に侵入し、机の引き出しから切手129枚や宝くじなど、計21点(時価総額1万7830円)を盗んだとしている。

同署によると、同容疑者は「生活費などに使いたかった」と供述しているという。同署の調べでは、同庁舎から現金などが盗まれる事件が4月以降、連続して発生。市は計5件の被害届を提出、被害総額は約25万円に上るといい、同署は余罪も含めて調べている。

市は、同容疑者の勤務先だった警備会社と4月から1年契約を結んでおり、
同容疑者は3月に採用されたばかりだった。市庁舎管理課は「非常に驚いている。安心して任せていたのに、裏切られた気持ち」と憤りを口にした。

カナロコ 9月1日

窃盗の疑いで元警備会社機器会社員を再逮捕、新潟

農協支店の金庫室内から現金1440万円を盗んだとして、
新発田署と県警捜査3課などは1日、胎内市平木田、警備システム設置会社「綜合防災」(新潟市東区)元社員(40)(窃盗と建造物侵入罪で起訴)を窃盗と建造物侵入の容疑で再逮捕した。

被告は昨年4月、同社が警報器を設置した新発田市内の会社事務所に侵入し、
現金7万円などが入った耐火金庫を盗んだとして、今年6月に窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕されていた。

発表によると、被告は2004年8月22日深夜、村上市山辺里のにいがた岩船農協村上支店(現JAにいがた岩船村上支店)1階の窓ガラスを割って侵入し、金庫室の収納棚から現金を盗んだ疑い。
同署幹部らによると、同支店では当時、綜合防災の系列会社の警報器が採用されていた。被告は警報器を解除して侵入を試みたがドアが開かなかったため、窓ガラスを割って入り、事務所内を物色して金庫室の合鍵を見つけたという。

中・下越地区では、手口などが似た窃盗事件が2001年頃から約20件発生。被害金額は約1500万円に上るとみられ、同署などで関連を調べている。
綜合防災は6月28日付で被告を懲戒解雇している。


2010年9月2日 読売新聞



大きな地図で見る
新潟綜合警備保障第二分館の隣

手錠かけ高校生にわいせつ行為 静岡

男子高校生に無理やりわいせつな行為をしたとして、静岡県警磐田署は2日、強制わいせつの疑いで、警備員の被告−別の強制わいせつ罪で起訴−を再逮捕した。容疑者は「無理やりはやっていない」などと否認している。

調べでは、容疑者は平成21年9月下旬ごろ、駐車場に止めた車の中で、男子高校生の体をなめるなどのわいせつな行為をした疑い。

容疑者は、黒い手帳を警察手帳に見せかけて私服警察官を装い、男子高校生に「万引しただろう」などと因縁を付け、「逮捕しなければならない」と模造品の手錠でかけて犯行に及んだという。

産経新聞 9月2日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ