警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

トンネル料金所 業者が小銭など不適正保管 つり銭などに流用

大阪市は24日、大阪港の咲洲トンネル料金所(住之江区)で、市が以前料金収受業務を再委託していた業者が、料金収受機や周辺路上で拾得した小銭など約29万円を警察に届けず、不適正に保管していたと発表した。業者は、誤って釣り銭を渡した場合の補填などに流用していたという。


市によると、市はトンネル開通時の平成9年10月から21年5月まで、同料金所の料金収受業務を、市の外郭団体「大阪港トランスポートシステム」を通じ、同市港区の警備会社「日誠」に委託。1日に10〜15人程度の態勢で料金収受にあたっていた。

同料金所を通過するドライバーが料金収受機で釣り銭を取り忘れたり、小銭などを落とした際、こうした現金を集めて料金所の金庫内に保管していた。


21年6月以降、新たに料金収受業務の委託先となった「阪神高速道路」(同市中央区)が昨年9月、同料金所を調査したところ、金庫内で6通の封筒に分けて保管されていた現金計29万1千円を発見。市に届け出た。

市などの調査に対し、日誠の当時の担当社員は、料金所で回数券を販売して釣り銭などを間違えた際に差額を補填したり、料金収受機が大型車と普通車を誤判定してドライバーに差額を返す際の補填などに充てていたことを認めた。


産経新聞 1月25日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ