警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

鍵管理できる部署在籍 2750万円盗難事件,富山、ホクタテ

富山市堀川町のショッピングセンター駐車場で昨年11月、警備会社「ホクタテ」(富山市)の現金輸送車から2750万円が盗まれた事件で、県警が被疑者死亡のまま窃盗容疑で書類送検した同社の元社員の男(46)(2月に死亡)が在職中、現金輸送車の運行経路を知り、鍵も管理できる部署にいたことが25日、捜査関係者などへの取材でわかった。県警は「事情を直接聞く前に死亡したため、手口は明確にわかっていない」としているが、在職時の立場を利用した可能性があるとみられる。

捜査関係者らによると、男は在職中、現金輸送には携わっていなかったが、警報器が鳴ると、契約先に駆けつけて現場で警備をする担当だった。このため、社内で待機中は、輸送車に運行経路などの指示を与える無線を聞くことができ、夜勤の際は、輸送車の鍵の管理なども一部担っていたという。

県警は、現場付近の防犯カメラに男の車が映っていたことや、家宅捜索で実家から2600万円を超える現金が見つかったことなどから、関与していたとみて男を身辺調査していたが、死亡した。捜査関係者によると、自殺とみられる。
富山地検は25日、男を被疑者死亡で不起訴とした。


2011年3月26日 読売新聞

冨山・現送車の多額窃盗:死亡元従業員、書類送検−−県警 /富山

昨年11月、富山市で現金輸送車から現金2750万円が盗まれた事件で、県警捜査1課と富山中央署は15日、現金輸送を担当していた同市の警備会社「ホクタテ」の元従業員の無職の男(46)=富山市=を、容疑者死亡のまま窃盗容疑で富山地検に書類送検した。男は先月上旬に死亡したが、県警は病死か自殺かについて公表していない。男に対する事情聴取はしていなかったという。男の実家からは現金約2600万円が発見された。


送検容疑は、昨年11月10日午前9時〜同9時50分頃、富山市堀川町のショッピングセンター「マイプラザ」の駐車場で、駐車中の現金輸送車から現金2750万円を盗んだ、としている。

県警によると、現場周辺の防犯ビデオには男が乗っていた車が映っており、家族には事件への関与を認める話をしていた。捜査本部でも容疑者として浮上していたという。

死亡の翌日、県警が男の実家を家宅捜索したところ、仏間の金属製の箱から現金約2600万円を発見。県警は男が単独で犯行に及んだとみている。死因を明かさない理由については「個人のプライバシーにかかわるため」と説明。容疑者が死亡したことについては「コメントできない」としている。


「信頼回復に努力」と陳謝−−警備会社社長
元従業員が2750万円の現金窃盗の疑いで書類送検されたのを受け、ホクタテの酒井社長は同日、富山市中野新町1の本社で記者会見。「地域社会の信頼を大きく損なったことを心から反省し、再発防止と信頼回復に最大限の努力をしたい」と陳謝した。

男については「昨年秋に退職した」と明らかにしたものの、事件の起きた11月当時に社員だったかどうかについては「個人の特定につながる」として説明を拒んだ。


毎日新聞 3月16日

現金輸送車窃盗事件、元同社警備員を被疑者死亡で書類送検 、富山

去年11月、富山市で現金輸送車から現金2700万円が盗まれた事件で、警察は、現金を輸送していた会社(ホクタテ)の元従業員を容疑者と特定しましたが、元従業員は事情聴取の前に死亡したと発表しました。

警察は死亡した容疑者を15日書類送検しました。
窃盗の疑いで書類送検されたのは富山市の46歳の男です。


この事件は去年11月、現金輸送車の警備員が富山市堀川町のショッピングセンターのATMに現金を補充したあと車に戻ったところ、現金2750万円が入った布製の袋がなくなっていたものです。
現金補充業務を請け負っていたのは富山市の警備会社・ホクタテで、警察によりますと、送検された男はホクタテの元従業員だということです。

周辺の防犯ビデオにこの男が映っていたことや、男が家族に犯行をほのめかす話をしていたことなどから警察は男の身辺を捜査していました。
しかし今年2月上旬、事情聴取を行う前に男が死亡したということです。

その後、警察が富山市内の男の実家を家宅捜索したところ、仏間から金属製の箱に入った現金2600万円あまりが見つかり、容疑が固まったため15日書類送検しました。
警察は男の死因や、いつホクタテを退職したのかは明らかにしていません。
 
2011 年 03 月 15 日KNB

脱税:5600万円脱税の疑い 会社取締役ら2人逮捕−−地検 埼玉

消費税など約5600万円を脱税したとして、さいたま地検特別刑事部は3日、東京都豊島区の警備会社「ネオ・ハルト」代表取締役の容疑者と川越市南台、税理士の容疑者を消費税法違反などの容疑で逮捕した。逮捕容疑は、両容疑者は会社の設立2年間は消費税が免除される制度を悪用し、設立したダミー会社から従業員を派遣されたように装うなどし、07年3月期〜09年3月期の消費税と法人税計5606万円を脱税したとしている。

毎日新聞 3月4日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ