警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

被害は過去最高の6億円 内部事情知る者関与か 東京・立川の警備会社強盗事件

東京都立川市の警備会社「日月警備保障立川営業所」で12日未明に発生した強盗傷害事件で、被害額が約6億400万円に上ることが、警視庁捜査1課の調べで分かった。現金が奪われた強盗事件では過去最高の被害額となる。同課は強盗致傷事件として、立川署に捜査本部を設置した。

事件は12日午前3時ごろ、東京都立川市柴崎町のマンション1階にある同営業所で発生。2人組の男が押し入り、男性社員(36)を刃物で刺すなどしたうえ、金庫室から現金約6億400万円を奪い逃走した。男性社員は約2カ月の重傷。


捜査本部によると、同営業所は日月警備保障が現金を移送する際の一時的な保管場所で、事件当時は多摩地区の各特定郵便局へ移送する多額の現金が保管されていた。


捜査本部の調べによると、2人組は若い男とみられ、身長170センチぐらいで白いマスクをしていた。営業所内で1人で仮眠していた社員の顔や手を粘着テープで縛り「金庫室のカネを出せ」と脅迫。刃物で足を刺したり、鉄パイプで腕を殴ったりして、金庫室のドアを解錠する暗証番号を聞き出した。

金庫室には現金が入った麻袋やカバンが多数置かれており、このうち約70個を奪った。社員が車の発車音を聞いていることから、車で逃走したとみられる。社員は2人が逃走した後、粘着テープを自らほどいて110番通報した。

2人組が「金庫室」と言ったことや、以前からカギが壊れていた腰高窓から侵入したとみられることから、内部事情に詳しい人物の犯行の可能性がある。


産経新聞 5月12日

過去最高額6億円超奪われる=短時間の犯行、車で逃走か―警備会社強盗事件・警視庁

東京都立川市の日月警備保障立川営業所に2人組の男が押し入り、男性社員が重傷を負った事件で、奪われた現金は約6億400万円だったことが12日、警視庁捜査1課の調べで分かった。現金被害の強盗事件では国内最高額で、同課は立川署に捜査本部を設置、強盗傷害容疑で逃走した2人の行方を追っている。

捜査本部によると、奪われた現金は麻袋や革製のかばん約70個に入っていた。男らは20〜30分間に複数回に分けて持ち出し、離れた場所に止めた車で逃走したとみられる。

金庫室には約1400万円が入った麻袋などが十数個残されており、ほとんどは硬貨が入っていた。
営業所は約2年前に東京中央郵便局(中央区)から業務委託を受け、多摩地域の各郵便局向けの現金を保管、配送していた。中央郵便局からは毎日現金を運搬しており、月曜と水曜が通常時よりも多かったという。
 奪われた約6億400万円のうち約5億9000万円は各郵便局への配送金で、約1400万円が契約を結んだスーパーなどの両替金だった。 


時事通信 5月12日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ