警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

立川6億円強奪、指示役の会社 逃走の車や電話準備か

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から約6億円が奪われた事件で使われた車両や携帯電話は、新たに強盗傷害容疑などで逮捕された容疑者(46)が経営する会社を通じて用意されたとみられることが警視庁立川署捜査本部への取材で分かった。メンバーの一部が事件後もこの会社に頻繁に出入りしていた疑いも判明。捜査本部は容疑者らが会社を拠点に事件を主導し、他にも数人が関与していたとみて追及する。


容疑者は、埼玉県吉川市の自宅兼事務所で、中古車や携帯電話を扱う会社を経営。押収した逃走用車両は、実行役の一員が同社を通じて入手したとみられることが判明した。擬装用のナンバープレートも同社が用意した可能性が高いという。


グループを指示したとみられる男も同社の仕事を手伝っていた。自動車修理の仕事で知り合い、数年前から同社で寝起きしていたという。同社周辺の防犯カメラには事件後にこれら3人と連絡役とみられるンバーらが映っていた。


毎日新聞 6月18日

警備会社6億円強奪事件 混成団?現金は? 謎だらけ

6億円強奪事件で新たに逮捕された3人は、それぞれ別の暴力団周辺者や自称組員で、犯人グループは複数の暴力団関係者の混成団だった可能性が高まっている。ただ、奪われた6億円の大半が見つかっていないなど、事件には多くの謎が残されたままだ。


立川署捜査本部によると、逮捕された2容疑者は指定暴力団の周辺者。両容疑者はそれぞれ、別の組にいたと自称している。バラバラの3人と、先に逮捕された容疑者らが、協力するようになった理由を解明できるか。今後の捜査の大きな焦点となりそうだ。


接点の1つは、容疑者の1人が経営する商事会社。他の疑者は同社の手伝いをしており、自動車修理工だった容疑者も事件前後に同社周辺に現れていた。逃亡に使った車も、同社の仲介で購入されていた。


しかし、容疑者どうしは面識すらなかった疑いが強く、連絡役とみられる伊藤容疑者とほか4人との関係もはっきりしない。


犯行の手口からは犯人グループが警備会社の事情に通じていた様子がうかがえるが、理由は不明のままだ。約6億円の大半もバラバラに分散して隠された可能性もあるが、依然、どこにあるか分かっていない。

産経新聞 6月18日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ