警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

農協で発砲、警備員1人重傷=現金輸送車襲われる−かばん奪い、男が逃走・埼玉県警

26日午前9時20分ごろ、埼玉県川越市今成のJAいるま野田面沢支店の入り口前で、現金輸送車で到着した男性警備員(35)に男が発砲し、かばんを奪って逃走した。県警川越署が強盗傷害事件として男の行方を追っている。
川越署や消防によると、撃たれたのは輸送車の運転席にいた日本通運の警備員。右膝の辺りを撃たれて弾が貫通し、左足にも当たった。重傷だが意識ははっきりしており、命に別条はないという。

男は、輸送車の後部で荷下ろし作業をしていたもう一人の男性警備員(26)に「よこせ」と言ってかばんを強奪。運転席から降りてきた男性警備員に発砲したという。
男は40歳ぐらい。上下紺色のウインドブレーカー姿で、ヘルメットに白っぽいマスクをしており、小型バイクで川越市の中心部とは反対方向の西側に逃走。奪われたかばんには書類が入っていた。 


時事通信 9月26日

警備員刺され死亡 警官殺人未遂で刑務所出たばかりの男を逮捕

25日午前11時40分ごろ、東京都八王子市大横町のスーパーで、60代の男性警備員が男に刃物で胸などを複数回刺された。警備員は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

警視庁八王子署は、約200メートル離れた駐車場で包丁(刃渡り16センチ)を持っていた住所不定、無職の男を殺人未遂などで現行犯逮捕。男は「話は聞けない。俺の話が分かるだろ」などと話している。同署は殺人容疑に切り替えて送検するとともに、刑事責任能力についても調べる方針。

警視庁によると、男は、10年前にも警察官が牛刀で切りつけられ、重傷を負った事件で殺人未遂の罪などで実刑判決を受け、今年4月に刑務所を出所。6月まで病院に入院していた。

同署によると、男が事件直前に同店で包丁を購入していたという目撃情報があるという。

産経新聞 9月25日

東京駅で取り押さえられた男性 搬送先で死亡

21日午前6時25分ごろ、東京都千代田区丸の内1のJR東京駅の地下1階にある資材置き場の倉庫を開けようとした30代ぐらいの男性が、近くにいた警備員らに取り押さえられた。警視庁丸の内署員が駆けつけたところ、男性はあおむけで倒れており、搬送先で死亡した。同署は男性の身元確認を急ぎ、死亡の経緯を調べている。

丸の内署によると、現場は関係者以外は立ち入り禁止だった。注意された男性が暴れ出したため、警備員や現場の作業員ら5〜6人で取り押さえた。男性はこの直後、急にぐったりとなった。目立った外傷はなく、酒のにおいがしたという。


毎日新聞 9月21日

ショベルカー後退、工事現場で警備員死亡 茨城

18日午前8時45分、かすみがうら市下稲吉の市道の工事現場で、小美玉市の警備員の男性が後退してきたショベルカーの下敷きになり、病院に運ばれたが、全身を強く打ち間もなく死亡した。現場ではアスファルトの補修工事をしており、同僚4人とともに交通整理、誘導に当たっていた。

産経新聞 9月19日

警報で駆けつけた警備員、男に首刺され軽傷

13日午前3時35分頃、東京都世田谷区経堂の「みずほ銀行経堂支店経堂農大通り出張所」の裏口付近で、警報が鳴ったため駆けつけた男性警備員が、男に背後から刃物で首を刺された。
警備員は病院に搬送されたが、軽傷という。同出張所は当時、閉店中で、侵入の形跡はなく、現金などは盗まれていなかった。警視庁北沢署は強盗傷害容疑で男の行方を追っている。

読売新聞 9月13日

立川の警備会社6億円強盗容疑者グループ 間取りのメモを所持

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から約6億円が奪われた事件で、容疑者グループが営業所内の間取りを記したメモを所持していたとみられることが捜査関係者への取材で分かった。
警視庁立川署捜査本部はグループのリーダーとみられる元指定暴力団組員の容疑者=強盗傷害容疑などで逮捕=が入手した内部情報を基にメモを作成したとみている。

捜査関係者によると、実行役とされる被告=強盗傷害罪などで起訴=が
「金庫やドア、窓などの位置が分かるメモを持っていた」と供述したという。
「メモは捨てた」とも供述し、発見されていない。

また、リーダー格の一人とされる被告に対し
営業所の腰高窓が壊れている
夜間は警備員が1人
多額の現金がある
との情報を伝えていたことも新たに判明。
捜査本部は情報の入手方法を追及している。

毎日新聞 9月10日

抗争起きたら駆け付ける? 警備大手、暴力団と契約 

神戸市長田区にある指定暴力団山口組系暴力団の拠点施設と大手警備会社(本社・東京)が、センサーで安全を監視する「ホームセキュリティー契約」を交わしていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。契約時は暴力団がかかわる施設と知らなかったとみられるが、施設の追放運動に取り組む住民グループからは「各業界で暴力団排除が広がっているのに逆行では」と疑問の声も。兵庫県警は同社に対し、解約するよう指導する方針だ。

県警によると、施設は鉄筋3階建て。タイル店の店舗兼住宅だったが、2008年11月、静岡県に本部を置く暴力団が、山口組総本部(神戸市灘区)に日参するために取得した。近くには小学校や幼稚園などがあり、住民らは09年3月、「長田北部暴力団追放等協議会」を設立。毎週日曜、パトロールを続け、立ち退きを訴えている。

施設には11日現在、契約を示す防犯ステッカーが玄関や窓ガラスに数枚張られ、異常を知らせるライトも設置されている。ホームセキュリティーは、空き巣や強盗、火災、ガス漏れなどがあった場合、警備会社に情報が伝わり、警備員が駆けつける仕組み。

捜査関係者によると、施設取得直後に交わしたとされる契約時、同社の規定には、暴力団関係者の申し込みを断る「暴力団排除条項」がなく、契約後に暴排条項を設けたものの解約されないままという。

全国の警備会社が加盟する社団法人「全国警備業協会」(約6800社、東京)は08年に対策協議会を立ち上げ、暴力団と一切の取引をしないことなどを確認し、契約解除の動きが進んでいる。

施設と契約した警備会社の広報部は「個別の契約について個人情報のため答えられないが、暴力団関係者との契約が確認できた場合、早急に解約をお願いする」と釈明。住民グループ代表の男性(71)は「暴力団の拠点施設の防犯対策に手を貸すとは言語道断。抗争などがあった場合も駆けつけるのか」と首をかしげる。

2011/08/12神戸新聞

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1268741047


神戸・長田の暴力団拠点 警備会社が契約解除

神戸市長田区にある指定暴力団山口組系暴力団の拠点施設と、大手警備会社(本社・東京)が、センサーで異常を監視する「ホームセキュリティー契約」を交わしていた問題で、警備会社が契約を解除したことが6日、関係者への取材で分かった。兵庫県警の要請などを受けた措置とみられる。

捜査関係者によると、施設は2008年11月、静岡県に本部を置く指定暴力団山口組の2次団体幹部が取得し、警備会社と同年12月に契約を結んだという。山口組総本部(神戸市灘区)に日参するための拠点とみて県警が警戒し、地元住民が立ち退き運動を進める中、今年8月、契約問題が発覚。県警は警備会社に口頭で契約解約を求めていた。

警備会社は「個別の契約については話せないが、警察の指導に基づき、暴力団排除の取り組みを進めたい」としている。

契約当初は、警備会社の契約文書に暴力団関係者の申し込みを断る「暴力団排除条項」がなかった。今回の問題を受け、県警生活安全部は8月中旬、兵庫県警備業協会(会員340社)への通知で、取引約款への条項追加を求めていた。

2011/09/07 神戸新聞

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1268741047

大手警備会社、山口組系と契約…警察要請で解約

神戸市長田区の指定暴力団山口組系組長の滞在拠点に警備システムを提供した大手警備会社(本社・東京)が、兵庫県警からの要請を受けて契約を解除したことがわかった。

契約先が暴力団との理由で、警備会社が契約解除に踏み切るのは珍しいという。
捜査関係者によると、静岡県に本部を置く山口組2次団体が2008年11月に置いた滞在拠点で、翌12月から契約していた。
全国警備業協会は08年5月、暴力団との契約拒否を条項に設けるよう加盟社に通知。同社も現在は契約書に盛り込んでいるが、契約時はなかったという。

読売新聞 9月7日

 | HOME |  »

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ