警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

首謀者の元組員に懲役20年 東京・立川の6億円強盗 地裁立川支部 

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で昨年5月、約6億円が強奪された事件で、首謀者とされ強盗傷害罪などに問われた指定暴力団山口組系元組員の被告(42)ら3人の裁判員裁判の判決公判が26日、東京地裁立川支部であった。池本裁判長は「周到な計画を練ったうえで包丁などを用いた危険な犯行で結果は重大」として、小沢被告に懲役20年(求刑懲役22年)を言い渡した。

また、自動車販売業の被告(41)は懲役15年(同18年)、トラック運転手の被告(41)は懲役14年(同18年)とした。


産経新聞 4月26日

解雇無効審判:和解、警備会社元社員「ほぼ完全勝訴」 山形

山形市の警備会社を相手取り酒田市の元同社社員の男性(52)が解雇無効を求めた労働審判が和解した。

2日に記者会見した元社員と県労連酒田飽海地域労組によると、事実無根の理由で解雇を告知されたのは不当として昨年10月に労働審判手続きを山形地裁に申し立てた。3回の審判が開かれ、地裁が和解・調停案を提示、3月21日に合意した。

合意内容は(1)警備会社側は元社員に解決金75万円を支払う(2)警備会社は解雇を撤回し双方合意の「退職」とする−−の2点。昼の休憩時間を労働時間と認め、解決金75万円には過去2年分の休憩時間の賃金14万円も含まれた。元社員は「ほぼ完全勝訴の内容」と話した。

毎日新聞 4月3日

外務省警備員>死亡は過重労働による労災と認定

外務省の警備業務にあたっていた男性警備員(当時58歳)が昨年3月、胸部大動脈瘤(りゅう)破裂で急死したことについて、遺族の代理人弁護士が2日、渋谷労働基準監督署から先月21日付で過重労働による労災認定を受けたと発表した。弁護士は「官公庁の警備業務は一般競争入札による低価格化が進み、労働環境が著しく悪化している」と指摘。官公庁に申し入れをするなど、是正を求めていく考えを明らかにした。

弁護団や遺族によると、男性は08年6月に警備会社「ライジングサンセキュリティーサービス」(東京都)に入社し、外務省で立しょうや訪問者への対応業務に従事。午前7時ごろから午後8時ごろまで、休憩時間もほとんどなく働いた。11年3月4日、帰宅のため駅から自宅に向かう途中で胸の痛みを訴えて救急搬送され、翌5日に死亡した。

渋谷労基署は、男性が倒れる直前2カ月間の時間外労働時間の月平均が81時間40分に上ることから過労死と認定。記者会見した内縁の妻(57)は「あと2年で定年退職を迎えたら、旅行に行きたいと口にしていた。働きづめで、さぞかし無念だったと思う」と涙を拭った。同社は「担当者が不在でコメントできない」としている。

毎日新聞 4月2日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ