警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

無認定でトンネル監視、容疑の男送検  神奈川

県警生活経済課と茅ケ崎署は10日、警備業法違反の疑いで、無認定警備会社「SBLC」=平塚市田村2丁目=と同社取締役の男性(60)=同市=、警備会社「綜合サービス」=同市代官町=を書類送検した。

書類送検容疑は、SBLCは県公安委員会から警備業の認定を受けないで、2010年4月1日〜11年3月31日、茅ケ崎市内でトンネルのモニター監視を行う際、綜合サービスの名称を使用して警備業を行った、としている。また綜合サービスは、認定を受けている同社の社名をSBLCが同業務の際に使用することを容認した名義貸しの疑いが持たれている。

県警や県道路管理課によると、同業務は、県が管理する道路の気象状況のチェックや事故時の対応などを行う県発注の道路管理業務委託。10年度は綜合サービスが4536万円で落札。同社は16%(約725万円)を受け取り、残る84%(約3810万円)でSBLCに業務を「丸投げ」していたという。

県警によると、書類送検された男性はSBLCの実質経営者で「収入を得るためだった」と供述、容疑を認めている。以前は有限会社「湘南ベターライフセンター」の役員を務め、同様の手口で同業務を行っていたという。

男性が、資格がないのに1級建築士を名乗り建築確認申請をしていたことが発覚し、捜査の過程で警備業法違反容疑が浮上した。県警によると、男性は県内で25件の建築確認を申請するなどしていたが、建築士法の公訴時効(3年)が成立している。1級建築士の資格が必要な物件は確認されていないという。

カナロコ 2012年12月11日

情報提供役に懲役9年。警備会社6億円強奪―東京地裁支部

東京都立川市内の警備会社から現金約6億円が強奪された事件の情報提供役として、強盗傷害教唆罪などに問われた電気工事業八木沢浩一被告(50)の裁判員裁判の判決で、東京地裁立川支部(林正彦裁判長)は7日、「見取り図など犯行の実現に直結する多数の情報を提供した」として懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。

判決によると、八木沢被告は日月警備保障立川営業所の詳細で具体的な情報や見取り図を渡辺豊被告(42)=一審懲役18年、控訴中=ら実行グループに提供。渡辺被告らが2011年5月12日未明に営業所に押し入り、警備員に重傷を負わせて現金約6億円を奪った。 

時事通信 2012年12月7日

現金強奪、男が現金輸送車から1200万円 埼玉で

2日午後4時55分ごろ、埼玉県川島町上伊草の「ベイシアフードセンター川島インター」店裏口で、黒っぽいニット帽に白いマスク姿の男が現金輸送中の男性警備員に拳銃のようなものをつきつけ「金を出せ」と脅した。男は店外にとめてあった現金輸送車から現金約1200万円の入ったバッグを奪って逃走。埼玉県警は強盗事件として逃げた男の行方を追っている。警備員にけがはなかった。

県警などによると、警備員は同店から売上金などの現金を回収し、バッグを車内に置いたところだった。男は白っぽい車で逃走するところを目撃されている。

現場は首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の川島インターチェンジ近くの国道254号沿いで、大型店舗が密集し、周りに水田が広がる。現場店舗の駐車場は、客用は国道に面しているが、従業員用は店舗の裏側にある。

毎日新聞 2012年12月2日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ