警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

6億円強奪 知らなかったの金庫室暗証番号だけ 内部事情を熟知?接点どこに?

国内史上最高額の6億円が強奪された事件で、2人の暴力団関係者が関与した疑いが31日、浮上した。犯行の手口からは、被害に遭った警備会社営業所の内部事情に詳しい人物の関与が浮かんでいた。犯人らが知らなかった重要情報は金庫室の暗証番号のみ。これまでに、暴力団関係者らと警備会社関係者との接点は確認されていないが、警視庁立川署捜査本部は慎重に捜査を進める方針だ。

事件が発生した午前3時ごろという時間は、当初から犯人らが内部事情に通じた可能性をにじませていた。東京都立川市の日月警備保障立川営業所にたった1人残る宿直の社員が仮眠時間に入るのが午前2時。その1時間後という、寝込みを襲うには好都合な時間帯だったからだ。


実際に、襲われた男性社員はあっという間に、粘着テープで顔や手首を巻き上げられ、視界を奪われている。営業所の宿直態勢をあらかじめ知っていたとしか思えないような手際の良さだった。


犯人は社員に「『金庫室』の暗証番号を教えろ」と迫っており、一般に知られていなかった営業所内の金庫室の存在を知っていた。金庫室には多額の現金が保管されていたが、警備会社の現金配送スケジュールの都合で、曜日や時間帯によっては現金がほとんどないこともあった。そうした日や時間が避けられていたとすれば、犯人らは配送スケジュールをも熟知していたことになる。


侵入路は、手袋の跡があったことから営業所のシャワールームに通じる腰高窓とみられている。腰高窓は半年前から鍵が壊れ、ロックできない状態だったうえ、侵入しても直接部屋につながっていないため、すぐには気づかれない。この点から、営業所の構造もよく知っていたと推測される。

さらに、犯人が乗りつけ、逃走に使ったとみられる車は、事件前に営業所屋外の防犯カメラを横切った後、カメラを避けるように死角へ駐車していた。事前に綿密に計画していた様子がうかがえる。


犯人らが知らなかったとみられるのは金庫室の暗証番号だけ。番号は営業所の数人が知っているだけで、不定期で変えられていた。ただ、襲われた男性社員は捜査本部に「犯人は面識のない人物だった」と説明している。今後、関与が疑われる暴力団関係者らと警備会社関係者との接点が捜査の焦点の一つとなる。


同社をめぐっては平成20年、杉並区の路上に駐車していた現金輸送車から6900万円が盗まれたほか、16年には多摩地区の郵便局から集められた約2億4千万円を移送する際、約1億5千万円が盗まれる事件も起きていた。

産経新聞 5月31日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ