警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

6億円強奪、両容疑者は数年前から面識

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から約6億円が奪われた事件で、実行役とされる植木容疑者=強盗傷害容疑などで逮捕=と渡辺容疑者=同=が数年前から面識があったことが警視庁立川署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は暴力団関係者らと接点があった渡辺容疑者が、植木容疑者に事件を持ちかけたとみて調べている。

渡辺容疑者は逮捕時、「30歳前後の男と2人で強盗に入ったのは間違いない」と供述し、植木容疑者の名前を出していなかった。捜査本部は2人は事件直前まで面識がなく、暴力団関係者らが引き合わせた可能性もあるとみていた。だが、その後の捜査で、2人が数年前、互いの実家が近い東京・多摩地区のパチンコ店で知り合っていたことが判明したという。

毎日新聞 6月7日

逃走に自分の車使う=車体番号消し、茨城に乗り捨て―6億強奪

東京都立川市の日月警備保障立川営業所に2人組の男が押し入り、約6億円が奪われた事件で、強盗傷害容疑などで逮捕された住所、職業不詳、渡辺容疑者(41)が自分の車で逃走し、常磐自動車道の谷田部インターチェンジ(茨城県つくば市)近くに乗り捨てていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁立川署捜査本部は、逃走を手助けした暴力団関係者の男らと付近で接触し、別の車に乗って逃走したとみて調べている。捜査本部は同日、渡辺容疑者を送検した。

捜査関係者によると、渡辺容疑者と住所、職業不詳、植木容疑者(31)=同容疑などで逮捕=は5月12日未明、営業所で現金を奪って逃走し、途中でナンバーを付け替えるなどしながら谷田部インターまで走行した。
車は渡辺容疑者が乗っていた高級外車で、同インター近くの空き地で見つかった。ナンバーは取り外され、車両の識別のために車体に刻印された車体番号が削られていた。 

時事通信 6月4日

500万円は口止め料か=金の行方やメンバー、供述拒む―6億強奪、出頭男・警視庁

東京都立川市の日月警備保障立川営業所に2人組の男が押し入り、約6億円が奪われた事件で、強盗傷害容疑などで逮捕された住所、職業不詳の渡辺容疑者(41)が奪った金の行方や背後グループのメンバーなど事件の詳細について、供述を拒んでいることが4日、捜査関係者への取材で分かった。

容疑者は逮捕時に現金約500万円を所持しており、警視庁立川署捜査本部は逃走を手助けしたグループの暴力団関係者らが口止め料として渡した疑いもあるとみて調べている。

捜査関係者によると、容疑者は5月12日未明、住所、職業不詳、植木容疑者(31)=同容疑などで逮捕=とともに営業所を襲撃し、現金を奪って車で逃走。

時事通信 6月4日

都内の警備会社56社を立ち入り検査へ 警視庁

東京都立川市の「日月警備保障」立川営業所で約6億円が奪われた事件を受け、警視庁は6月末までに都内の現金輸送業務を請け負う警備会社56社を立ち入り検査する方針を固めた。すでに事件が起きた日月警備保障など一部の会社の検査は行われている。

同庁によると、検査は警備業法に基づき、警備会社の防犯設備や安全管理教育の実施状況などについて確認する。


産経新聞 6月3日

東京・立川市6億円強盗事件 指名手配していた41歳男を逮捕 現金約500万円を所持

東京・立川市で現金およそ6億円が奪われた強盗事件で、警視庁は41歳の男を逮捕した。警視庁の調べに対して、「30歳くらいの男と強盗に入ったことは間違いない」と供述し、容疑を認めているという。


強盗傷害などの疑いで逮捕されたのは、指名手配されていた住所・職業不詳の男で、5月12日、すでに逮捕されている男(31)とともに、日月警備保障立川営業所に押し入り、警備員の男性に重傷を負わせ、現金およそ6億を奪った疑いが持たれている。

3日未明、捜査本部に名前を名乗らない男から、「出頭したい」と連絡があり、東京・品川駅に捜査員が向かったところ、容疑者が1人で立っていたという。持っていたキャリーバッグの中には、洋服のほかに現金およそ500万円が入っていたという。

フジテレビ系(FNN) 6月3日

6億円強奪、警備会社で多額の強盗・盗難事件が頻発

東京都立川市の営業所から約6億円を奪われた警備会社「日月警備保障」(本社・千代田区)の業務に絡んで、多額の強盗・盗難事件が頻発していることが捜査関係者への取材で分かった。管理体制の不備などを理由に都公安委員会から警備業法に基づく営業停止処分や指示処分を受けていたことも判明。警視庁は、今回の事件の背景に警備上の問題があったとみて実態を調べている。

直近のケースは、昨年1月に東京・銀座の貴金属店「天賞堂銀座本店」で高級腕時計約200点(約3億円相当)が盗まれた事件。日月社が機械警備をしていたが、アジア系窃盗組織「爆窃団」に破られた。警視庁の立ち入り検査の結果、異常時に現場に駆け付ける体制などに不備があると分かり、都公安委は同年12月、業務の改善を求める指示処分を出した。


08年末から09年にかけての1カ月半には立て続けに2件、都内で日月社の現金輸送車が狙われた。08年12月、杉並区のJR阿佐ケ谷駅近くの路上で、現金を積んだままの輸送車を約50分間駐車している間に約6900万円を奪われた。09年1月末には、東村山市で鉄パイプを持った犯人グループに輸送車が襲撃される強盗未遂事件が起きた。いずれも未解決だ。


03年10月には、郵便局から集めた現金約2億4000万円を積んだ輸送車を週末に同社の駐車場に止めたままにし、約1億5000万円を盗まれた。この事件も未解決だが、捜査の過程で、警備員2人が社内の金庫から約700万円を盗んでいたことが発覚した。日月社は04年10月、指導監督義務違反があったとして、営業停止処分(15日間)を受けた。


強盗傷害容疑などで逮捕・指名手配された2容疑者と日月社との関係は不明だが、警視庁幹部は「被害者とはいえ、問題がないとはとてもいえない。関係者から事情を聴きたい」と話している。警視庁は警備業法に基づき、日月社の立川営業所を立ち入り検査する方針だ。

毎日新聞 6月3日

6億円強奪、茨城のICを利用…複数の車で逃走

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で6億円が奪われた事件で、強盗傷害容疑などで逮捕された容疑者(31)と指名手配された容疑者(41)が事件後、営業所近くの国立府中インターチェンジ(IC)から中央自動車道に乗り、茨城県の常磐自動車道・谷田部ICで降りていたことが、警視庁立川署捜査本部への取材で分かった。高速道に乗った直後に一般道に降りたり、複数の車を使うなどの行動も確認された。捜査本部は、両容疑者と携帯電話でやり取りしていた10人前後の仲間が逃走用の車を用意したとみて調べている。

捜査本部は1日、両容疑者の関係先を家宅捜索したが、奪われた現金は見つかっていない。容疑者は調べに「考えさせてください」と事件への言及を避けているという。2人とも暴力団と親交があったが、日月警備保障との関係ははっきりしないという。


捜査本部が現場周辺の防犯カメラの映像を分析したところ、実行役の2人組は事件直後、営業所からステーションワゴンタイプの車で逃走。さらに両容疑者に酷似した男2人が乗った車が国立府中ICから中央道に入ったことが料金所のカメラで確認された。

しかし、車は間もなく、一般道路に降りた。よく似た車種の車が再び高速道路を走行しているのが確認されているが、車のナンバーは直前の車とは異なっていた。いずれの車も容疑者が運転していたとみられ、常磐道・谷田部ICを利用した形跡があるという。


両容疑者は事件前後に暴力団関係者とみられる10人前後と携帯電話でやり取りしており、捜査本部は、2人が仲間と連絡を取りながら、一般道に降りて逃走用の車に乗り換えたり、ナンバーを付け替えるなどして、捜査をかく乱しようとしたとみている。

一方、営業所内の防犯カメラ映像などから捜査本部は渡辺容疑者が金庫室から現金を運び出す運搬役、植木容疑者が警備員の見張り役だったとみている。

毎日新聞 6月1日

«  | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ