警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

6億円強奪 知らなかったの金庫室暗証番号だけ 内部事情を熟知?接点どこに?

国内史上最高額の6億円が強奪された事件で、2人の暴力団関係者が関与した疑いが31日、浮上した。犯行の手口からは、被害に遭った警備会社営業所の内部事情に詳しい人物の関与が浮かんでいた。犯人らが知らなかった重要情報は金庫室の暗証番号のみ。これまでに、暴力団関係者らと警備会社関係者との接点は確認されていないが、警視庁立川署捜査本部は慎重に捜査を進める方針だ。

事件が発生した午前3時ごろという時間は、当初から犯人らが内部事情に通じた可能性をにじませていた。東京都立川市の日月警備保障立川営業所にたった1人残る宿直の社員が仮眠時間に入るのが午前2時。その1時間後という、寝込みを襲うには好都合な時間帯だったからだ。


実際に、襲われた男性社員はあっという間に、粘着テープで顔や手首を巻き上げられ、視界を奪われている。営業所の宿直態勢をあらかじめ知っていたとしか思えないような手際の良さだった。


犯人は社員に「『金庫室』の暗証番号を教えろ」と迫っており、一般に知られていなかった営業所内の金庫室の存在を知っていた。金庫室には多額の現金が保管されていたが、警備会社の現金配送スケジュールの都合で、曜日や時間帯によっては現金がほとんどないこともあった。そうした日や時間が避けられていたとすれば、犯人らは配送スケジュールをも熟知していたことになる。


侵入路は、手袋の跡があったことから営業所のシャワールームに通じる腰高窓とみられている。腰高窓は半年前から鍵が壊れ、ロックできない状態だったうえ、侵入しても直接部屋につながっていないため、すぐには気づかれない。この点から、営業所の構造もよく知っていたと推測される。

さらに、犯人が乗りつけ、逃走に使ったとみられる車は、事件前に営業所屋外の防犯カメラを横切った後、カメラを避けるように死角へ駐車していた。事前に綿密に計画していた様子がうかがえる。


犯人らが知らなかったとみられるのは金庫室の暗証番号だけ。番号は営業所の数人が知っているだけで、不定期で変えられていた。ただ、襲われた男性社員は捜査本部に「犯人は面識のない人物だった」と説明している。今後、関与が疑われる暴力団関係者らと警備会社関係者との接点が捜査の焦点の一つとなる。


同社をめぐっては平成20年、杉並区の路上に駐車していた現金輸送車から6900万円が盗まれたほか、16年には多摩地区の郵便局から集められた約2億4千万円を移送する際、約1億5千万円が盗まれる事件も起きていた。

産経新聞 5月31日

6億円強奪 暴力団関係者2人に逮捕状

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で、史上最高額の現金約6億400万円が奪われた事件に関与した疑いが強まったとして、警視庁立川署捜査本部は31日、強盗致傷などの容疑で30代と40代の暴力団関係者の男2人の逮捕状を取った。防犯カメラの画像や、携帯電話の通話履歴から男らが浮上。捜査本部は、実行犯だった疑いがあるとみて捜査。さらに十数人が組織的に犯行に関与した疑いがあるとみて、行方を追っている。


捜査関係者によると、防犯カメラの画像などから、事件前、男らが現場に近い八王子市内のコンビニエンスストアで、犯行に使われた粘着テープなどを購入していたことが判明。さらに、現場周辺の防犯カメラに、車に乗って移動する男らの様子が記録されていたことから、犯行に関与した疑いが強いと判断した。

営業所が襲われる前後には、男らが所持していたとみられる携帯電話から頻繁に発信や着信が繰り返されていたことが確認されており、捜査本部は通話履歴などから、他にも十数人が事件に関与した疑いがあるとみている。


複数の防犯カメラを解析した結果、男らが違う車に乗って移動する様子が記録されていたことも判明。捜査本部は、男らが犯行前後に車を乗り換えながら、現場周辺を走行した可能性があるとみており、裏付けを進めている。

捜査本部の調べでは、事件は5月12日午前3時ごろ発生。2人組の男が立川市柴崎町のマンション1階にある営業所に侵入、仮眠中の男性社員(36)の両手首を粘着テープで縛り、目隠しして刃物で刺すなど重傷を負わせたうえ、現金約6億400万円を奪い逃走した。


犯人は、金庫室の暗証番号を聞き出そうと、社員の腕を鉄パイプのようなもので殴って骨折させ、右胸や足を刃物で繰り返し刺すなど激しく暴行。金庫室を開けると、2〜3分で袋やバッグ約70個に小分けされた現金を持ち出し、現場に乗り付けた車で走り去ったとみられている。


同営業所では、定期的に多摩地区の郵便局に配送する多額の現金が届いており、金庫室に一括保管。夜間は社員が輪番制をとり、1人で宿直にあたっていた。警報システムは切られた状態で、侵入口となったシャワー室の腰高窓は、半年前から鍵が壊れていた。

産経新聞 5月31日

松山東署、防犯と警戒強化 警備会社に指導

東京・立川市の警備会社で現金6億円が奪われた強盗傷害事件を受け、松山東署は現金運搬にかかわる警備会社の防犯指導を開始した。25日までに、管轄内7社の警備会社に対して行政指導と防犯指導を行う。

松山市の警備会社「愛媛総合警備保障」で行われた防犯指導では、同暑の警察官が現金の輸送経路や積み降ろし場所を書面で確認するとともに、現金輸送車や警備員の防犯装備、防犯点検の様子などを確認。口頭で防犯体制と警戒の強化を指導した。

同社では約70人が現金輸送に携わるという。松岡武史警送部長は「基本に立ち返った防犯点検を行うと共に守秘義務の徹底にも努めている」と話した。

産経新聞 5月22日

壊れた鍵、知っているのは数人 警備会社6億円強盗

東京・立川市の警備会社で起きた6億円強盗事件から19日で1週間。犯人が侵入したとみられる窓の鍵が壊れていることを知っていたのは、従業員数人だけだったことがわかった。

この事件は、12日、立川市の「日月警備保障」の営業所に男2人が押し入り、現金6億円以上を奪ったもの。これまでの警視庁の調べで、犯人は、シャワー室の窓から侵入したとみられることがわかっている。窓の鍵は半年以上前から壊れていた。

その後の警視庁などへの取材で、鍵が壊れていることを知っていたのは、営業所にいる約20人の従業員のうち、数人だったことがわかった。

警視庁は、内部事情に極めて詳しい人間の犯行とみて調べている。



日本テレビ系(NNN) 5月19日

立川市6億円強奪事件 内部構造を熟知していた疑い 関係者からの聴取進める

東京・立川市の警備会社日月警備保障で6億円が強奪された事件で、犯人の2人組が、死角となるシャワー室の窓から侵入するなど、内部の構造を熟知していた疑いが強まっている。このため警視庁は、二十数人の退職者を含め、関係者からの聴取を進めている。

これまでの警視庁の調べで、2人組は、営業所に侵入する際、宿直の警備員から死角となり、半年以上鍵が壊れていたシャワー室の窓を使ったことがわかっている。

警視庁は、2人組が営業所内の構造を熟知していた疑いが強いとみて捜査しているが、営業所には、およそ20人の従業員が勤務しているほか、退職者は二十数人にのぼっているという。

警視庁は、退職者を含めて、幅広く関係者からの事情聴取を進めている。

フジテレビ系(FNN) 5月16日

駐車場の消灯30分後に襲撃=就寝時間、付近で確認か―警備会社6億円強奪

東京都立川市の日月警備保障立川営業所に2人組の男が押し入り、現金約6億400万円が奪われた事件で、重傷を負った男性社員が営業所駐車場を消灯した約30分後に男らが襲撃していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

宿直社員は午前2時までは起きている規則になっており、警視庁立川署捜査本部は男らが近くで消灯を確認し、就寝する時間を見計らって押し入った疑いがあるとみて捜査している。

捜査関係者によると、男性社員は12日午前2時半ごろ、営業所駐車場を消灯。男らは同3時5分ごろ、車を営業所前に止めて、腰高窓から侵入した。
同営業所では所長ら5人の社員が毎日交代で宿直。午後8時から翌日の午前8時までの間は社員1人になるが、午前2時からは仮眠を取っていい規則になっていた。 

時事通信 5月14日

多額現金の保管場所熟知? 金庫室以外は物色せず 6億円強奪事件

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で12日未明、現金約6億400万円が奪われ、男性社員(36)が重傷を負った事件で、犯人の男らは多額の現金が一括保管されていた金庫室以外の物色はしていなかったことが14日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁立川署捜査本部は、犯人が営業所の現金の保管状況をあらかじめ把握した上で、犯行に及んだとみて捜査している。

捜査本部の調べでは、男らは営業所に押し入った直後、男性社員を粘着テープで縛り、胸や足を刃物で刺したり、腕を鉄パイプで殴ったりするなど、激しく暴行。金庫室を解錠する暗証番号を教えるよう、男性社員に繰り返し迫った。


一方、防犯カメラの画像分析や現場検証で、営業所内の金庫室以外では、物色の痕跡がほとんどないことも判明。男の1人が、金庫室から現金入りの袋を運び出し、別の1人が縛った男性社員を見張って役割分担し、侵入から約20分という短時間で逃走した。

 金庫室を解錠する暗証番号は不定期に変更されるといい、捜査本部は男らが業所へ侵入して金庫室の暗証番号を入手するまでの手順など、一連の犯行計画を練って犯行に及んだとみている。

産経新聞 5月14日

6億円強奪 防犯カメラ前に障害物 死角で犯人の姿不鮮明

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で現金約6億400万円が奪われた強盗傷害事件で、2人組の男が現金を運び出したのは東側出入り口とみられることが警視庁立川署捜査本部への取材で分かった。

近くには防犯カメラが設置されていたが、前の駐車場に止めていた現金輸送車に隠れて男らの様子ははっきり映っていなかった。事件は警備員が仮眠に入った直後に起きたことも新たに判明。捜査本部は、2人組が仮眠時間帯を把握したうえで、カメラに映らない「死角」を利用した疑いがあるとみている。


捜査本部は、2人組は鍵が故障していた北側の腰高窓(縦約40センチ、横約50センチ)から侵入した後、東側出入り口の鍵を内側から開け、付近に止めた車に現金を運び出したとみている。
しかし防犯カメラの映像では、男らの様子は車の陰に隠れていたという。

現金が入った麻袋など約70個は約60キロあるとみられ、捜査本部は、1人が警備員を見張りながら、数回に分けて運んだとみている。一方、日月警備保障の就業規則によると、営業所では午後8時から1人で宿直体制に入り、午前2時までは起きていることが定められていた。

毎日新聞 5月13日

6億強奪犯、カメラ死角に駐車…勤務体制熟知か?

東京都立川市柴崎町の警備会社「日月警備保障」立川営業所で12日未明、約6億400万円が奪われた強盗傷害事件で、逃げた2人組の男が、営業所前の駐車場が空いていたにもかかわらず、やや離れた路上に車を止めていたことが、警視庁幹部への取材でわかった。


駐車場には防犯カメラが設置されており、カメラの存在を知った男らが死角になる位置を選んで駐車した可能性がある。また、犯行は宿直勤務の警備員が仮眠に入る1時間後に行われており、同庁では男らが同営業所の構造や警備員の勤務体制についても熟知していたとみて調べている。

読売新聞 5月13日

 | HOME |  »

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ