警備会社、警備員、警備関連の話題とニュース。問題、トラブル、口コミ情報、労働環境、労働災害も。

警備会社、警備員の話題とニュース、事故や労働環境、労働災害、事件、不祥事、トラブル、口コミ、評判、口コミ情報

6月のパチンコ店1200万円強奪容疑、男ら5人逮捕 /群馬

群馬県太田市のパチンコ店で今年6月、現金運搬中の警備員が襲われ、現金約1200万円が奪われた事件で、太田市と静岡県の男ら計5人を強盗傷害容疑で逮捕したと発表した。県警は店を狙った動機や、奪った金の流れなどについて5人を追及する。
逮捕したのは太田市の自営業の男や少年。2人は容疑を否認、残り3人は認めている。

逮捕容疑は、今年6月1日午前9時50分ごろ、太田市新田大根町のパチンコ店駐車場で、現金を輸送中の警備員2人に刃物を突き付け「金を出せ」などと脅迫。警備員の1人に切りつけ軽傷を負わせた上、現金約1200万円入りのジュラルミンケース(4万3000円相当)を奪ったとしている。

2009年11月5日 毎日新聞

契約違反:夜間警備で 熊大指摘、会社680万円返還 熊本

熊本大学の夜間警備業務をする警備会社が契約に反し、2人1組でなく1人で巡回していたことが分かった。警備会社は熊大の指摘を受け、不当利得に当たる約680万円を返還した。

熊大契約課によると、05〜09年度、市内の付属病院や医学部など8施設の夜間警備業務契約を、一般競争入札を経て警備会社コアズ(本社・名古屋市)熊本支社と結んだ。しかし、同社は06年9月〜09年5月の約660日間、08と09年度は毎日1人で巡回していたという。

熊大は10月からの2カ月間、同社との新規契約を停止したが、「警備の空白は許されない」として契約が切れる来年3月までは引き続き夜間警備をしてもらうという。

2009年10月29日 毎日新聞

警備員暴行の強盗致傷に猶予判決、「更生期待」、神奈川

レンタル店から商品を盗んで警備員にけがを負わせるなどした3件の事件の裁判員裁判で、横浜地裁小田原支部は22日、強盗致傷などの罪に問われた被告に懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

判決は「暴行は執ようで万引きも常習的」と認定する一方、被害者と示談した点を挙げ、「被告は真摯に反省している。今回に限り、社会での更生に期待する」とした。裁判長は言い渡し後、「裁判員と裁判官はあなたの立ち直りに期待している。裏切らない生活をしてほしい」と述べた。
検察側は、(回を重ねるごとに)犯行が悪質になっており、刑務所で自らを省みるべきだとして実刑を求めていた。


判決によると、被告は1月下旬〜5月上旬、小田原、厚木両市にある3店でDVDやCDを盗んだ上、2人の警備員に暴行し、けがを負わせるなどした。 
2009年10月22日 時事通信

横浜地裁小田原支部でも初の裁判員裁判

裁判員裁判が行われる全国10支部の一つ横浜地裁小田原支部で20日、初の裁判員裁判が始まった。小田原市内のレンタルビデオ店で5月、CD44組を盗んだ後、警備員の首を絞めたなどとして、強盗致傷などの罪に問われた住所不定、無職の被告の初公判に、裁判員6人と補充裁判員2人が臨んだ。22日の判決まで3日間連続で開廷する。


被告は罪状認否で「間違いありません」と起訴内容を認めた。公判前整理手続きで「警備員の口はふさいでいない」などと犯行態様の一部を争う構えを示していたが、「弁護士と相談して正直に話す気持ちになった」と主張を翻し、争点は量刑のみに絞られた。

検察側は冒頭陳述で「仕事が少なくなり、商品を盗んで遊ぶ金に換えようとした」と動機を指摘。「首を絞めただけでなく、親指で目をつぶそうとしたことは悪質。刑の重さを決める上で重要だ」と主張した。


被害者の男性警備員の証人尋問では、「私服警備員のため素性を明かせない」として、被告と傍聴席の前はついたてで遮られた。検察側は事務官を被害者役として犯行状況を再現。裁判員からは「慰謝料を受け取らなかったのは、金額にかかわらず、被告を許さないという意味か」(20代男性)、「被告のどのような態度で反省を感じられるようになるかなど、積極的な質問が飛んだ。


2009年10月21日 カナロコ

女性のスカートの中を盗撮、豊能町職員を逮捕 大阪府警

17日午後5時35分ごろ、大阪市北区大深町の家電量販店5階の売り場で、買い物客の女性のスカートにビジネスバッグを差し入れている不審な男を警備員が発見。警備員が男を問いただしたところ、盗撮していたことを認めたため、府迷惑行為防止条例違反容疑で取り押さえ、通報で駆けつけた曾根崎署員に引き渡した。
容疑者はバッグの中にペンシル型カメラを仕込んでいたという。

2009年10月18日 産経新聞

警備員が手引、裏口開ける=ATMから7百万円窃盗−会社社長ら逮捕・神奈川県警

川崎市内にある消費者金融支店の現金自動預払機を壊し、現金約700万円を盗んだとして、川崎署は18日(2004年6月)までに、窃盗の疑いで横浜市の機械工具販売会社社長(当時30)と、元綜合警備保障警備員の無職の容疑者(当時30)を逮捕した。


元警備員の容疑者は同支店の警備担当者で、侵入の手引きをしていた。綜合警備保障は、14日付で同容疑者を懲戒解雇した。

調べによると、会社社長の容疑者は元警備員の容疑者の手引きを受け4月29日午前零時10分ごろ、川崎市川崎区の消費者金融支店に設置されたATMコーナーに裏口から忍び込み、ATMを壊し現金約700万円を盗んだ疑い。


同支店の警備を担当していた容疑者から同署が事情を聴いた結果、友人の容疑者から持ち掛けられ、同支店の裏口ドアの鍵を開け、天井に設置された感知器を覆って警報装置が作動しないように工作していたことが判明した。

2004年6月18日 時事通信

脱税、警備会社と元社長を容疑で告発 国税局が地検に 大阪

消費税の免税制度を悪用し、2008年3月期までの3年間で消費税約1億2100万円を脱税したとして、大阪国税局が警備保障業エスピージャパン総合警備(大阪市住吉区)と元社長を消費税法違反容疑などで大阪地検に告発したことが分かった。

関係者によると、元社長は複数のダミー会社などを設立。エ社の警備員のほとんどをダミー会社所属のように装い、警備員に支払う給与はダミー会社への外注費と仮装して経理処理していた。

消費税は、売り上げから仕入れの費用を差し引いた額にかかる。外注費は仕入れの対象にできるためエ社は給与分の消費税を免れる。ダミー会社の売り上げ(外注費)があるが、元社長は資本金1000万円未満の会社は設立後2年間の消費税が免税になる制度を悪用し、一切納税していなかった。

2009年10月1日 毎日新聞

八幡の警備員死亡:民事で「傷害致死」地裁判決 京都

八幡市のホームセンターで06年12月、男性警備員の首を絞めて意識不明にさせ、傷害罪で有罪が確定した男に対し、後に死亡した警備員の遺族3人が2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、京都地裁であった。裁判官は「事件前からの疾病と暴行が相まって死亡した」と因果関係を認め、全額の支払いを命じた。民事裁判で「傷害致死」が認定された形だ。


判決によると、警備員は万引き行為の有無を巡って男と口論。首を絞められて脳こうそくとなり、5カ月後に死亡した。男には死亡前に有罪判決が言い渡されていた。

男側は「もともと動脈に肥厚部分があったのが原因」と因果関係を否定したが、判決は「暴行で肥厚部分がはがれて脳こうそくを生じた」と認定した。持病が一因であることを考慮し4割を減額しても、損害額は請求額の2000万円を下回らないと判断した。


2009年10月1日 毎日新聞

明石歩道橋事故 元副署長4度目不起訴へ

兵庫県明石市で平成13年7月、花火大会の見物客11人が犠牲となった歩道橋事故で、業務上過失致死傷容疑で書類送検された当時の明石署副署長について、神戸第2検察審査会の3度目の「起訴相当」議決を受けて再捜査を進めていた神戸地検は不起訴処分とする方針を固めた。今年5月施行の改正検察審査会法では、地検が不起訴にした場合、再審査を行い、再度「起訴相当」が議決されれば自動的に起訴されることになる。

地検はこれまで不起訴理由を「周到で綿密な警備計画がなければ事故が発生すると予見できたとまではいえない」などとしており、今回の再捜査でも起訴する新証拠はないと判断したとみられる。

事故をめぐっては、14年5月、兵庫県警が元署長や元副署長を含む同署、明石市、警備会社の担当者ら計12人を書類送検。地検はこのうち、現場責任者だった同署の元地域官ら5人を起訴したが、元署長と元副署長らを不起訴処分とした。

これに対し、遺族は16年と17年に検察審査会に不服を申し立て、「起訴相当」を議決したが、地検はいずれも不起訴処分とした。このため、改正検察審査会法が施行された5月21日、遺族らは3度目の申し立てをし、神戸第2検察審査会が7月に「起訴相当」を議決していた。

改正法は、1回目の議決で「起訴相当」となり、2回目で11人の構成員のうち8人以上が起訴すべきと判断した場合、裁判所が指定する弁護士が自動的に起訴すると定めている。

2009年10月2日 産経新聞

«  | HOME |  »

最近のエントリー


カテゴリー


PoweredBy

Powered By DTIブログ


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

RSSリンク


カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ